Google

2007年10月25日

裁判員制度 こんなの大迷惑 国民の義務とは思わない!

裁判員制度反対。
でも決まってしまったんですよ。

何の法律的知識も無いのに、
裁判官などから こういう判決はどうですか?って言われたら それで良いですよって答えますよ。

何も分からないから。
裁判官じゃなくても 裁判員の一人が言えば、そうですねって言いますよ。

裁判員制度って何?
被告から逆恨みされる事有りますよね。
危険を感じることが出てくるかも?

誰が責任とるの?
だーれもとらない。





ヤフーニュースより
<裁判員制度>辞退事由の政令案公表 「思想信条」明記せず
10月24日12時10分配信 毎日新聞

裁判員法の国会審議では、「人を裁くのは信念に反する」「死刑制度に反対している」など思想信条の自由での辞退を認めるかどうかが議論になった。自民党の一部から配慮を求める声もあり、政府側は「思想信条は『やむを得ない事由』の一項目と考えている」と答弁。しかし、辞退の名目として使われた場合、裁判員の確保に支障が出る恐れがあり、明記しなかった。

 法務省は「裁判員は広い層から選任されることが望ましいが、同時に候補者の負担が重くならないよう配慮した。ただし、辞退を求める人は、裁判官に『不利益』の具体的内容を説明する必要が出るだろう」としている。一般の意見募集(パブリックコメント)を実施し、年内に公布する方針。【坂本高志】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000051-mai-soci
タグ:裁判員制度
posted by haru at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62363589

この記事へのトラックバック

裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫
Excerpt: 筆者の事件に対する感想や、覗き見精神みたいな点は不謹慎であり読んでいて不愉快ではありました。ただ、被告人席に座る側と傍聴席で裁判を眺める側との間の境界は思っているよりも低く、明日はわが身かもしれない、..
Weblog:
Tracked: 2007-10-28 03:59

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。